ペットの肝臓病は気づきにくいから要注意!

慢性肝炎になる

男女と動物

ウイルスや細菌の感染、中毒などが原因で肝臓病になるため、犬や猫などのペットを飼っている方は気を付けましょう。慢性肝炎の原因でもあります。食事内容に気を遣うなど管理が重要です。

More Detail

指示治療法の必要性

医師

ペットの肝臓病を治療する場合は、体力を温存させてあげることがまず大切です。輸液や強肝剤を投薬することで体力が維持され治療中でも元気に過ごせるでしょう。また、症状の進行を止められます。

More Detail

日頃から気にかけてあげる

猫

犬や猫などのペットも人間と同じように肝臓病になるリスクがあります。しかし、日頃から意識していなければ症状に気づくことができません。ペットを飼っている方は早期に初期症状を知るためにも。どのような症状があるのか把握しておきましょう。ペットも家族の一員ですから大切に飼ってあげてください。
まず初期の場合はほとんどが無症状です。ですから多くの方が症状が現れてからペットの異変に気付くことが多いです。初期症状を気づくためには定期的に動物病院へ行くことが重要となってきます。ダニやノミ予防の薬をしてもらうときに一緒に検査をしてもらうなどすることで、いち早くペットの肝臓病に気づけるかもしれません。

肝臓病が進行すると食欲不振になってきます。いつも餌をたくさん食べていたのに急に食べる量が減ったり、餌の催促をしなくなるなど日頃と違う様子が現れるはずです。ですが、大抵の場合は「調子が悪いだけなのかもしれない」、「今はお腹が空いていないのかもしれない」など軽く考えてしまいます。本当にそれが理由である場合もありますが、こういうときも動物病院へ連れて行ってあげてください。医師の判断で適切な治療を受けられるはずです。

肝臓病は悪化すると毒素が体内に回り肝臓の細胞が死んでしまいます。そして肝硬変が起こり肝臓が働かなくなるといった悪循環になってしまうのです。大事なペットを病気から守るために飼い主は日頃から体調に敏感になってあげましょう。

予防を心がける

犬

そもそもペットが肝臓病にならないようにするためには、予防が必要です。健康診断やワクチン接種、薬物管理などをしっかりと行ない発症しないようにしてあげましょう。予防をすればペットは長生きできます。

More Detail